思わぬ円安局面も!?日本の金利について

為替相場(FX)において米国住宅着工件数11月分は、3ヶ月ぶりの反発を見せた。前々回が速報値ベースで51.9万戸(その後53.4万戸に改定)と、09年4月以来の低水準となった状況から一安心となった。今回は前回からやや弱めの55万戸との予想。雇用統計がイマイチの状況が続いている他、先週発表された小売売上高が予想よりも弱めとなっていることなどが、市場の予想を抑えている模様。もっとも、前回の流れを引き継いで予想以上に改善を示す可能性は十分にある。

FXのリスク

FX(外国為替証拠金取引または外為保証金取引)は元本や収益が保証された取引ではなく、取引対象である通貨の価格及びスワップポイントの変動等により損失が生ずることがあります。又、取引金額がその取引について顧客が預託すべき証拠金の額に比して大きいため、通貨の価格等の急激な変動により、その損失の額が証拠金の額を上回る可能性がありますのでFX初心者の方は十分注意してください。